80_20

何かにつけて「金持ち優遇政策だ!」と叫ばれる世の中です。

僕とあなたは優遇される側の金持ちになりましょう。政治家が悪い、世の中が悪い、お前が悪い・・・人のせいにしても金儲けなど出来ません。開き直って商売商売です。

今回は法人化についてです。時折ご相談をを頂くので本ブログでお伝えします。参考にして下さいね。

会社を作るメリットは節税・経費・口座が持てる事

taxes

節税効果は大きいですね。大雑把に書けば、最終的には個人と法人では20%程税率が変わってきます。また会社にのみ認められる旅費規程を作成して、経費で日当を出せますし、あらゆる買い物が経費になります。会社と事業に結び付ければ何でも経費になります

たとえばペット。ホテル代、シーツ代、エサ代も、「事務所で犬を飼う方が警備員を雇うより安い」と主張できます。

「メガネもPCやってる時に使う。日常は別のメガネを掛けてる」と言えばメガネ代も経費になります。クロムハーツの10万を越えるメガネも経費です。仕事で使うんですから当然です。

口座も大きいですね。個人と使い分けが出来るのが最大のメリットです。

 

ちなみに・・・・

法人化すると、社会的信用を持てるとよく言われますが、今は資本金が1円で会社が作れる時代ですのであまり考慮されません。個人より会社の方がやや良い程度です。

 

法人化は年間売り上げが500万以上が目安

売り上げが500万を越えてきたら法人化してしまった方が良いでしょう。申告は面倒ですが税理士に丸投げすればOKです。法人では毎年7万円の均等割りなど個人には課されない税金もありますが、個人は個人で、売り上げの5%が事業税として掛かってきます。

法人は経費が認められやすい、個人に給料を出す形にすれば所得税控除も結構な額で受けられます。色々考えると法人の方がメリットはあります。

 

ちなみに・・・

会社は作るより、たたむ方が面倒でお金も掛かります。

 

個人所得税はUP・法人税はDOWNの流れは続く

法人税はどんどん引下げられ、逆に個人の所得税は上がる一方です。アベノミクスに押され、これからはもっと法人優遇税制になっていくと僕は思っています。

会社の経営は慣れたらもう個人事業とやっている事は変わりません。もし売り上げが伸びてきたら、会社にしてしまった方が良いでしょう。

 

会社設立の費用を安く抑えるなら

設立の書類を代行作成してくれるサービスも増えています。法務局への提出は自分でする必要がありますが安いです。とにかく安い。全込みで20万ちょっとです。

一昔前は50万位でしょうか。※税理士や公認会計士とかがボッたくっていた時代は終わりました。なお、僕はここで作ってもらいましたのでご参考までにどうぞ(アフィリエイトではありません)

格安の業者は、設立後の経理顧問契約と決算代行を狙っています。決算期になると電話が掛かってきますが不要なら無視でOKです。