最近何かと話題のnote。ブロガーであるイケダハヤト氏等は3か月ほどで500万円を稼ぎしているようです。アフィリエイトをするわけでもなく純粋にライティングだけで勝負でき、話題性もあってシステムも面白いものが多いので良いですね

文章執筆が好きならnoteで稼げる可能性が高い

今まではブログで情報配信が主流だったのですが、アクセスは集まらない独自ドメインの設定が大変など、初心者には壁が高いのも事実です。noteはFC2やアメブロ等と同じように簡単に開設できます。今は登録作家も多くはないので参入のチャンスはまだまだあります。

なお、基本的に無料ですが有料アカウントは月500円です。僕はいきなり有料アカウントを取得した方が良いと感じています。システム面の自由度が違います。

noteはSEOよりインパクト重視で攻める

fig2

ブログは良い文章を書いて、かつ検索ワードを意識的に書くなどSEOも仕掛けていく必要があります。するとタイトルや見出しに多少不自然になることが多くなってしまいます。

極端な例ですが

『これすごい!信じられないことが』というタイトル。ブログでは書いてはいけません。SEO的には0点です。でもインパクトはありますよね。タイトルを読んだら読みたく泣てしまいます。

一方noteはSEOをあまり意識しなくても良いのです。ゆえにnoteではタイトルや見出しでいかにインパクトを出せるか(読者がクリックしたうなるような書き方)にかかってきます。

週刊誌の見出しタイトルを学ぶべし

インパクト重視のタイトルの書き方は僕がお勧めする教材は週刊誌。特に電車の中吊り広告は非常に勉強になります。週刊誌の見出しは、プロの編集者が読者を惹きつけるために知恵を絞っているからです。

アフィリエイトは不要。文章で読者を惹きつけられるか

アフィリエイトをするために金融やFX等、苦手だったり書きたくもないテーマで執筆しなくても良いで人によってはメリットです。純粋にあなたの個性と文章・ライティング技術で勝負できます。ニッチなテーマ等を深く考察するもよし、短編小説で笑わすも泣かすもよしです。

なお文章力についておすすめ教材として挙げるのであれば、アマゾンで1円で売っているような情報起業家が書いたライティングの本です。短編小説は小説の書き方、プロットや携帯小説の書き方の本が参考になります

ブログは時代遅れ?

いいえ。最後にはブログありきになります。なぜならnoteは他人が作った戦場だからです。ヤフオク等もそうですが手軽な文制約が多くなりますので好き勝手に文章を書けば規約違反で削除されるかもしれません。noteのサービスが改悪して使いづらくなるリスクもあります。他人のプラットフォームではある程度稼げるようになると必ず窮屈な思いするので覚えておきましょう。

例えば儲けの金額で言えば、noteは月300万が限界です。かたや独自ドメインのブログは月無限大です。儲けはインフィニティです。

noteでコツを掴んだら必ずブログも育てること

最初noteで作家業をなりながら、ある程度読者もついて売り上げも上がってきたら必ず独自ドメインでブログも作って育てていきましょう。独自ドメインのブログならあなたの主戦場。制約はありませんから好き放題出来ます。

ひきちゃ